ホーム > OAAについて>共催・助成金

共催・助成金

お茶の水学術事業会では、「教育・研究活動に関する事業」として、
 1.講演等の共催事業
 2.学術・調査・研究・教育等の活動運営支援事業(助成金の支給)
を行っています。

金額
  年間総額250,000円を上限として、年 数件を予定しています。

2018年度 応募要項

1.講演等の共催事業
■ 共催の内容

(1)講師への依頼  ※ 希望講師が学内の教職員の場合
(2)広報のお手伝い
(3)講師謝礼金の助成(実費、上限 3万円)
(4)講師の交通費の支給(実費、下級運賃で上限5万円)

■ 応募の条件

(1)特定の機関・団体に限らず、広く一般に向けた講演会であること
(2)会場の確保、当日の運営、当日の記録、参加者の募集は主催者が行うこと
(3)参加予定人数が50名以上であること

■ 報告書

講演会終了後、報告書(フォーマット)を提出していただきます。
また会報「ellipse」に実施報告を掲載します。

2.学術・調査・研究・教育等の活動運営支援事業(助成金の支給)
■ 助成対象

2018年度(2018年4月1日~2019年3月31日)実施予定の以下の活動に該当するもの
(1)学術・調査・研究・教育等の活動
(2)学術関連等の出版事業
(3)国内及び海外におけるボランティア活動
(4)国際協力研究・教育支援事業
(5)保育及び子どもの健全育成のための活動

■ 応募資格

(1)教育機関(幼稚園、小学校、中学校、高等学校、大学)の教職員
(2)上記の者が主催または参画する団体

■ 助成金額

原則として助成の対象となる事業費の2分の1以内とし、1件につき10万円まで

■成果報告

助成対象者には、事業終了後、報告書(フォーマット)を提出していただきます。
また会報「ellipse」に実施報告を掲載します。

3.申請と共催・助成金支給の決定について
■申請方法

必要な申請用紙を以下からダウンロードして記入し、メール添付もしくは郵送でお茶の水学術事業会の事務局までお送りください。
<申請用紙のファイル>(右クリックでダウンロードしてください)
  ○共催用― ①講演会共催申請書②講演会予算書
  ○助成金― ①助成金事業申請書②助成金事業計画書
  ※ 他の団体から同時に助成を受ける場合には、その内容を明記してください。

■申請受付期間

第一次 2017年10月1日~2017年11月30日
第二次 2018年3月1日~2018年5月31日

■審査方法

期間内に申請のあった件について、理事会において一括審査を行い、共催・助成対象を決定します。

4.申請書類の提出先・お問合せ先

お茶の水学術事業会事務局
〒112-8610 東京都文京区大塚2-1-1 お茶の水女子大学 理学部3号館204
        お茶の水学術事業会
          TEL & FAX: 03-5976-1478
           ※電話の受付は16:00までとなります。
          Email: info@npo-ochanomizu.org

2017年度採択事業

1.共催講演会

(1)桜蔭会埼玉支部講演会「これから女子の生きる道」(上野 千鶴子 氏)
     開催日:2017年4月22日
     会場:さいたま市大宮ソニック市民ホール

(2)お茶の水地理学会講演会「『秘境』-信州遠山郷-きのう今日あした」
                             (磯前 睦子 氏)

     開催日:2017年12月2日
     会場:お茶の水女子大学

2.助成金事業

(1)orange voiceトークセッション 東京の未来をデザインする#2
    「誰が子どもたちの未来を明るくできるのか?」

     開催日:2017年5月7日
     会場:IID世田谷ものづくり学校スタジオ